ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリバー(ゴールデン・レトリーバーとも、Golden Retriever)は イギリス原産の大型犬。

19世紀前半に、スコットランドのトゥイードマスによって改良されたのが起源とされている。もともと水鳥猟でハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持って返ってくる役目をする犬である。合図に忠実に従い、敏速に行動するよう訓練され、猟犬として何時間も猟場で活躍したり、泥の中に生い茂る水草の中を遠くまで泳いで鳥を持ち帰る優れた労働犬である。1925年に犬種として認定された。賢さと忠誠心とを兼ね備えた犬種であり、しかも穏和な性格をしているので、ペットとしても広く愛好されている。

外見

File:Golden Retrievers dark and light.jpg||thumb|200px|ゴールデン・レトリバーは多彩な色合いの毛なみを持つ。
その名の通り、輝く金色の毛なみが美しく、明るいクリーム色から暗い赤金色までの多彩な色合いで、鮮やかな光沢のあるゴールド色。一般的に、濃い赤茶色をしているのがアメリカ系。一方、グレートピレニーズのように真っ白な被毛に覆われているのがイギリス系。ボディの前部、胸と腹の下、四肢の後ろ側、尾の下には、より明るめの長い飾り毛があり、その対照的な組み合わせがゴールデンをより一層美しく見せる。均整のとれた体つきで、雄は体高60cm前後、体重29〜34kg、雌は体高57cm前後、体重26〜32kgで、体長は体高よりやや長め。頭頂部は張っており、垂れ耳で、アーモンド形の目は知性と温和な性格を表わし、敏活さと自信を兼ね備えた個性を持つ。割合に骨量があり前肢と後肢は発達して、尻尾は地面に対して水平に保持する。

ラブラドール・レトリーバーとの共通点

  • 元来水中で働いてきた犬種であるため、水遊びを非常に好む。
  • 明朗かつ温順。大変に人なつっこいため、番犬には向かない。他の犬に対しても友好的な態度をとることが多い。
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ同様、賢く訓練性能が高いため、盲導犬、介助犬などのサービスドッグとして働くことができたり、また競技会などでもよく見られる犬である。また、ラブラドール・レトリーバーと1世代交配させ、盲導犬として訓練させる場合もある。

性格

  • 「信頼できる性格」「飼い主と共に働くことを喜びとする」犬種なので、「賢い、温和、知的、親しげ、確実」などと表現される。まさにその通りで、人に危害を加えるなどの攻撃性はない。この犬種の最大の魅力は、人間に合わせる能力を持っていることである。家族が静かにしているときには静かにし、遊ぶときには大いにはしゃいで一緒になって遊ぶ。主人が願っていることを直ぐに察知し、いつも主人に気に入られようと努力をする。常に家族と一緒に行動できることを喜び、孤独を嫌う。忍耐力も非常に強く、細やかな気配りが出来、楽天的。
  • しつけやすく、子供にも優しく接するので、大型犬ながら初心者でも飼いやすい犬種である。

飼育にあたっての留意点

  • 人気犬種ゆえの乱繁殖で、股関節形成不全やてんかんやアレルギーなどの遺伝性疾患や、本来の穏和な性格を大きく損ねた個体が出ることがある。ガン・甲状腺機能低下や糖尿病なども、比較的多い。獣医師や専門家に相談し、信頼の置ける犬舎の犬を選ぶことでそのようなトラブルを防げる。
  • ダブルコートといって、羽毛のような、白くて短いアンダーコート(下毛)と、弾力のある金色の長いトップコート(上毛)の二種類の毛を持っている。
  • かなりの運動量を要求される。
  • 性格が温厚なので室内でも飼うことができるが、室内がフローリングの場合、爪が削られにくいため、爪切りで爪の長さを整えることが必要である(切り過ぎないように)。また、幼児期に室内で飼うと、股関節の発達に影響が出ることがある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Q&A

c激ョc篏障

その他の犬を見てみる