ポメラニアン

ポメラニアン

ポメラニアンは、犬の品種(犬種)の一つである。

ルーツ

祖先犬は、スピッツ (犬)|スピッツ族の他の犬種と同じく、サモエド(アイスランドやラップランドのソリ犬)であると言われる。

原産地は、バルト海南岸の、3つの川に囲まれた低地であるポモージェ|ポモージェ地方。ドイツ語ではポンメルン地方、英語ではポメラニア地方と呼ばれるこの地方は、現在は大部分がポーランドに、一部がドイツに属するが、ここではさまざまなタイプのスピッツ族の犬種が飼われていた。

18世紀ごろ、そのうちでやや小型のものが、何らかの経路でイギリスに持ち込まれ、原産地の英語名に由来する「ポメラニアン」の名で愛好されるようになった。後に19世紀の中ごろから、さらに小型化されたタイプがイギリス国内で流行し、これが固定されたのが、現在のポメラニアンである。ドイツ原産のスピッツ族としては、最も小型の犬種。

流行犬種となったきっかけは、愛犬家として知られるヴィクトリア (イギリス女王)|ビクトリア女王が熱心に繁殖させたことである(一説には1888年、女王自らがこの犬をイタリアから持ち帰ったともいうが、一般にはもう少し以前からイギリスで飼われていたと考えられる)。女王は1891年、ロンドンで開催された第1回クラフト・ショー(現在はイギリス・ケネル・クラブの本部展となっているドッグ・ショー)に、数頭のポメラニアンを出陳した。女王のポメラニアンは、いずれもクラス1席を獲得したが、女王はミス・ハミルトンというブリーダーに敗れてチャンピオンの座を逸し、たいへん残念がったと伝えられる。しかし、これを契機としてこのイヌの知名度は一挙に上がり、また犬質も大いに向上したため、世界的な人気犬種となるに至った。

特徴

  • 陽気で活発だが、警戒心の強い面もある。
  • 涙により目の周辺の被毛が赤く変色する流涙症が多い。
  • 骨が細く、骨折しやすい。
  • 膝蓋骨脱臼、心臓病、気管虚脱なども見られる。

体高

20cm前後。

体重

1.8kg〜5kg。ただし、両親の遺伝子の影響により、ごく稀に10kg前後の体格まで成長する場合もある。

毛色

ホワイト、クリーム、オレンジ、グレー、セーブル、ブルー、チョコレート、レッド、タンブラウン、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、ビーバーなど。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Q&A

c激ョc篏障

その他の用語を探す