ボストン・テリア

ボストン・テリア

ボストン・テリアは、アメリカ合衆国原産の小型犬。

特徴

  • 立った耳と短い尻尾、そして短い鼻を持った小型の犬である。
  • 短毛で、毛色は黒と白である場合が多いが、赤や茶の毛も含まれることがある。胸、首の周り、前脚の下半分、後足の飛節から下、口吻と目と目の間が白いことが望ましいが、白毛の部分が目に接しているのはよくないとされる。
  • 体高は38〜48cm、体重は5〜11kg前後である。
  • 19世紀後半にボストンで作出された犬種で、ブル・アンド・テリアとフレンチ・ブルドッグの血を引いている。
  • 知能は高く、温厚な性格とその毛色から、「アメリカ犬界の紳士」「タキシードを着た紳士」「小さなアメリカ紳士」とも呼ばれている。

その他

  • 米国マサチューセッツ州の州の犬である。
  • ボストン大学のマスコット(レット・ザ・ボストン・テリア)になっている。同大学のスポーツチームはテリアズと呼ばれる。
  • 荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第3部にて登場した「イギー」の品種はこのボストン・テリアである。
  • この犬種を飼っている著名人では、女優の井上真央が知られている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Q&A

c激ョc篏障

その他の用語を探す